トップページ > 製品・工法紹介 > 「RAシート」建築防水工法

改質アスファルトルーフィング(常温自着工法)

「RAシート」建築防水工法

概要

RAシートは改質アスファルト(ゴムアスファルト)で含浸したポリエステル長繊維不織布基材に改質アスファルト粘着層を圧着加工した自己粘着層タイプの防水シートです。

RAシート、テープ

特徴

  • RAシートの粘着層は当社独自の「改質アスファルトコンパウンド」でできているため強力な自己接着性があります。
  • 施工には加熱や接着剤が不要で、製品裏面の離型紙をはがすだけで下地に接着するため簡単に施工が可能で、安全かつ無公害です。
  • 露出防水において長期の耐久性があります。
  • 粘着層の感温性を非常に低くしているため、低温から高温まで幅広い温度範囲で使用でき、常に安定した柔軟性があります。
  • 基材は寸法安定性・耐候性・耐水性に優れた強靭な合成繊維不織布を使用しているので、粘着層の柔軟性との相乗効果により下地追従効果が抜群です。

商品ライン

銘柄 製品名
SS20R 屋上防水用シート
この製品をチェック
カタログダウンロード お問い合わせ・資料請求

ページトップへページトップへ