トップページ > 製品・工法紹介 > アクアシャッター防食被覆工法

ポリマーセメント系塗膜防水材

アクアシャッター防食被覆工法

概要

エポキシ樹脂を使用したエポキシライニング防食被覆工法です。上水道、下水道の各種防食被覆工法に適応します。

特徴

エポキシ樹脂によるコンクリート被覆工法(GW、GW-A、GW-F、GA、GB、GC-1、GC-2、GD-1、GD-2、GE-C、GE-D工法)との組合せによって、飲料用水槽や硫化水素の発生する恐れのある水槽の防水にも対応します。
アクアシャッターACおよびアクアシャッターEVAとの組み合わせで、施工可能です。
また、エポキシライニングのみでの使用も可能です。

  • 上水向け材料は、厚生省令第15号に適合します。
  • 下水向け材料は、日本下水道事業団 A種、B種、C種、D種に適合します。
  • 下水向けノンクロス仕様および有機酸・無機酸対応のノンクロス仕様があります。
この製品をチェック
お問い合わせ・資料請求

ページトップへページトップへ